アメリカが抱える医療問題

今回は、アメリカ医療について考えます。

マイケルムーア監督の「シッコ (sicko)」(2007年8月公開)は、今アメリカが抱える医療問題をリアルかつ強烈に描いたドキュメント映画です。(私は衝撃を受けました。)

mmm3(わが家で「シッコ (sicko)」を鑑賞する時に撮影)

アメリカの医療制度の問題点がこのDVD1本でよくわかるように上手くまとめられています。

相手が大統領であれ、権力者であれ、関係なく、突撃取材で鋭く、しかもわかり易いのが特徴。
庶民の目線で描かれていて、一気に観てしまいます。(ドキュメント作品ですが、興味津々で全く退屈しませんでした。)さすが、権力に屈しない、マイケルムーア監督だ!と感心しました。

この映画を見て、アメリカに対する考え方がかなり変わりました。富裕層とそれ以外の格差が生死にかかわる医療制度にはっきり出ている点に驚きました。現状、資本主義の名のもとに、数パーセントの富裕層が、有利なように政治、規制、利益を支配している。という印象を受けました。

先進国の中で唯一アメリカは、国民皆健康保険制度がない国のようです。現状、アメリカでは、国民の6人に1人が無保険の状態で、毎年約18,000人が、医療費を払えないために治療を受けられずに死んでいくと言われています。また、アメリカでは民間の医療保険に加入できない人が約5000万人いるようです。

ヒラリー・クリントンが国民皆保険制度を設置するために立ち上がったが、利権団体、政府によって反対、潰されるシーンもリアルに描かれており、なんともやりきれない感じがしました。

世界のリーダーであるアメリカの医療に対する考え方に違和感を持ちました。「強者は弱者を救済する」ということが理解できない、一部のアメリカ富裕層の考え方に私は理解できませんでした。

この前書いた、キューバの医療の取り組みと比べると考え方が大きく違います。(それぞれお国の事情はあるでしょうが・・・)それぞれの歴史が違うといえばそれまででですが、国民皆保険の日本人の私からは理解しがたいように思いました。

アメリカンドリーム!ビジネスでは成功して青天井の富が手に入る資本主義国アメリカ。でも、その一方で、悲しい現実が起こっていることをこの映画を通じて知りました。おすすめの1本です。